メンタルズノンノン

メンタルズノンノン 

Mental's Known-non

大阪北部地震では、お薬手帳が処方箋の代わりにはならなかった。どうやら災害ではないらしい

※当記事は、自身の体験と精神科医および薬剤師から聞いた話を基にしております。記憶や解釈の違いがある可能性もあり、情報の正確性を保証するものではありません。記載の内容によって生じた損害等について責任は負いかねます。ご了承ください。

 

 

これまで生きてきた中で最大の揺れだった

 

6月18日の7時58分頃、大阪北部で最大震度6弱地震が発生しました。

その時、僕は奈良県の自宅にいました。

 

緊急地震速報より先に、突然ガタガタと縦横に大きく揺れました。

幸いにも自宅は物が倒れたりすることもなく、家族親戚も全員無事とのこと。

 

東日本大震災阪神淡路大震災の時よりも家の揺れは大きかったです。

 

その日は心療内科の診察日だった。予備の薬はない

 

心療内科の診察に行く予定でしたが、地震の影響で電車はすべてストップしました。バス路線はなく、行くなら車でということになります。

 

ただ、頭が少しふらつき、眠気もあって運転には不安がありました。

 

これが皮膚科とか眼科だったら素直に諦めます。

しかし、今回はそういうわけにはいかないのです。

 

なぜか?

 

僕は抗不安薬眠剤を毎日飲んでいるのですが、飲み忘れると離脱症状が出ることがあります。眠剤がないと夜はまったく眠れません。

 

過去に一度飲み忘れて離脱症状のような状態になったことがあります。

はっきりとは覚えてませんが、強い抑うつや不安感が出たような気がします。

 

薬のストックがあればそんな心配はなかったのですが、かかりつけの心療内科は毎週月曜日に診察があり、ちょうど7日分しか処方しないのです。

 

診察に行けないので、前回の処方箋で薬を宅配してもらうように頼んだ

 

なんとしても薬だけは確保したいので、心療内科に問い合わせることにしました。

しかし、電話がなかなか繋がらず…

 

3回ほど掛け直してようやく繋がりました。

 

ぼく「今日診察日やけど、行く手段がないから前回の処方箋で薬送って!」

 

内科「医師の診察がないと処方箋は出せません」

 

ぼく「電話診察はできないの?」

 

内科「当院ではやってません」 

 

クソかよ、融通利かないなぁ…

ちょっとゴネてみることにました。

 

ぼく「また大地震がきて、車かタクシーで行っても帰れなくなるかもしれないのに、それでも来ないといけないの?」

 

内科「申し訳ないです…」

 

ダメなものはダメなようです。

 

医師と対面して診察を受けないと、処方箋が出せない。

薬局は、処方箋がないと薬を出せない。

 

お薬手帳が処方箋代わりになる?

 

 

このツイートは僕のことです。

 

危険を冒して診察を受けにいくか、安全優先で離脱症状か・・・

 

 

アンケート取ってみたらなかなか接戦…

 

どうしようか悩んでいるところに、有益な情報を提供してくれた方がいました。

 

 

はじめて知りました。これはワンチャンあるかも…!

情報提供者さんありがとうございます。

 

 

薬局に問い合わせてみた

 

結果はダメでした。

 

「確かにおっしゃるような制度はありますが」ということでしたが…

理由としては

  • 期限が切れている
  • 医師から薬局に指示があれば薬は出せるが、ないのでNG
  • 心療内科と連絡が取れないような場合は話は別だが、薬剤師の一存では出せない

でした。

 

うーん、なんだかな~。非常事態なのになぁ

薬が切れたらその人の命にかかわるような病気もあるのになぁ

 

時刻は15時前。

通院には往復2時間ほどかかることもあり、ここで診察に行く決断をしました。

時間的にもグズグズしてられません。

 

やり場のない怒りで運転が荒くなりました。

もともと運転自体勧められてないんだけどね…

 

なんとか病院までたどり着きました。

近くの街灯が傾いていました。

 

主治医に問い詰めてみた

 

来たからには聞かないと帰れません。

 

ぼく「なんでこんな状況なのに処方箋出してくれないの?」

 

医師「基本的に対面で診察して、処方箋を出すことになっています」

 

ぼく「電話じゃダメなの?」

 

医師「電話診察やオンライン診察というものはありますが、当院では実施していません」

 

ぼく「災害時にはお薬手帳が処方箋代わりになる、って聞いたんだけど?」

 

医師「東北レベルの震災で、国が「災害」として指定しないとダメなのです

 

な、なんだってー!

 

医師「午前中は電話は繋がりにくかったですが、ライフラインが壊滅的な被害は受けていないので、通常どおり診察を行っています」

  

ぼく「はぁ…仮に今回オンライン診察ができていたら薬はもらえたの?」

 

医師「診察はオンラインですが、処方箋は“紙”です。しかも、原本でないとダメです」

 

??!

 

医師「紙媒体なので、メールではダメです。オンライン診察ではFAXで処方箋を送っていますが、原本は必要です。FAXは“コピー”なので原本ではありませんよね。うちはやっていないのでどうやっているのか分かりませんが、おそらくFAXで送った後に、原本を郵送しているものと思われます。

 

仮にオンライン診察ができたとしても、処方箋の原本郵送の関係で、おそらく本日中にはお薬は届かないでしょう

 

アメリカではお薬手帳が処方箋代わりになり、1ヵ月ほど有効です。日本では実施できていません。*1

 

厚生労働省の方針です。僕の力ではどうすることもできません。

 

極み付きの一言。 

 

日本、無能説…

 

ぼく「とりあえず予備が欲しいので薬多めに出してください」

 

医師「では3日分多めに出しておきますね」

 

ぼく「これまで予備は出してもらえなかったけど、これってOD対策?*2

 

医師「薬を多く出さないのはOD対策ではなく、健康保険との兼ね合いです。一週間分出すとなると10割負担になり、毎回3日分多めに出すのもできません

 

知らんかった・・・目から鱗でした。

 

こんなの絶対おかしいよ

 

政府が災害認定しないといけない

 

 

日本は遅れてるなぁと、今回の件で痛感しました。

 

震度6弱で、交通手段がなくなり、ライフラインにも大きな被害が出て、犠牲者も出たというのに、「災害」ではないようです。

 

おかしいよね

 

 

問題大ありでしょ、、

 

東日本大震災のケース

非常に参考になるツイートがありますので、紹介します。

 

 

貴重な体験談です。ぜひ覚えておきましょう!

 

最後に、ポイントを整理します。

 

災害時の教訓まとめ
  • 交通網が寸断されようが、医師の診察を受けないと処方箋はもらえない
  • オンライン診察でも処方箋は紙。しかも原本でないとダメ
  • とはいえ、役に立つのでお薬手帳は常に持っておこう

 

そして・・・


f:id:basquecci:20180620230111j:image

*1:詳細はちゃんと聞いていないので分かりません。詳しい人いましたら教えてください

*2:OD:オーバードーズ。薬の多量服用のこと。睡眠薬を100錠くらい一気飲みするのがそうです。ちなみに僕は一度もODしたことないです。OD、ダメ。ゼッタイ。